Category Archives: 2007年12月 ドイツ旅行

ベルリンの壁崩壊20年|20 Jahre Mauerfall

2
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行, ドイツにいたときのこと
11月9日はベルリンの壁崩壊から20年。

***********************************************************************************

このまえの土曜日に行ったパーティーで、たまたまベルリンのクロイツベルク(西ベルリン)出身の人と知り合いになった。

1989年の壁崩壊当時、彼は10歳。壁近くに行くのは怖かったそうだ。

「監視の兵隊がたくさんいたし、武器を持ってたからね」
「9日の夜、ニュースで東の人々がどんどん国境を越えて西に流れ込むのを見てたとき、東側に住む親戚から電話がかかってきて、
『今からおいで』って言うんだ。そして派手にパーティーをしたんだよ」
「あれはほんとにすいごい出来事だった」
「電話はどちらからも自由できたよ。盗聴はされてたかもしれないけどね。だから親戚は電話ではいろいろと注意して話ししてたよ」

その日にベルリンにいた人に会うのは初めての経験でした。

西側の人は東に、(ある程度)自由に行くことができたので、今後もっと話を聞いてみようと思う。

***********************************************************************************

2003年、ドイツにいた頃、友だちの友だちが東ドイツの町(名前忘れた)出身でした。

東ドイツ出身の人に会うのは初めて だったので、いろいろ尋ねたんだけど、その子はちょっと「重たいこと」を
話す調子でいろいろと教えてくれました。
「車は注文しても納車まで何年もかかるから、子供が生まれたらまずやることは車の注文なの」
「結婚したらちょっと大きなアパートに住めるようになるの(家族構成によって住める家が決まっている)」

・・・残念、これくらいしか覚えてない。。

当時からこのブログやってたんだけど、こういうこと書いとけば良かったのに。と今思います。

***********************************************************************************

2008年1月にベルリンに行ったときの写真。

DSC_0286mini

ブランデンブルク門は観光地。

DSC_0210mini

フリードリヒシュトラーセ駅は当時は国境の駅でした。

DSC_0187mini

クロイツベルク地区のコットブッサートア駅。

DSC_0153mini

東ドイツ時代の建物はとにかく大きい。カールマルクス通りのビル。

DSC_0137mini

そして通りもやたら広い。

DSC_00580024mini

空き地に残った壁。僕が立ってるのは多分緩衝地帯。

エアーベルリンの機内食

10
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_09810001
















デュッセルドルフからベルリンまで乗った、エアーベルリンという航空会社の飛行機の中で。
新興の格安航空会社に分類される会社ですが、安いがサービスもちゃんとする、というのがウリなようで、
1時間のフライトでも、このようなものが出てきました。

どっさりパンを積んだかごを持ってきて、アテンダント(フリース素材のカジュアルなユニフォーム)は尋ねました。
「クロワッサンとラウゲンシュタンゲ(Laugenstange)どちらになさいますか?」
僕はもちろん、ドイツのパンであるラウゲンシュタンゲを選択。
「はいどうぞ」
かごからトングでつまんでそのまま僕の手に。皿とか袋とか、なしです。バターもじジャムもなし。
パンもドイツ的な味でしたがサービスもドイツ的でした(笑)
そのカジュアルなサービスに違和感はなかったです。これはこれでいいんじゃないかと思います。
(日本で同じことされたらびっくりするかもだが)

ちなみにデュッセルドルフからベルリンまで、燃料費など全て含めて、
45ユーロ(約7600円)でした。飛行時間で考えると安いでしょ?

人気blogランキング

北京首都国際机場|インターナショナルな空港レストラン

11
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行
正月に行ったドイツ旅行、帰りは北京で乗り換えでした。
あいにく街に出る時間はなかったのですが、せめて、
ということで空港内のレストランに。

これまたあいにく、入国しない範囲で行けるレストランは一軒のみでした。
一旦入国してしまうと、出国審査にものすごく時間がかかるのです。

その唯一のレストランはとってもインターナショナル。
カフェテリア式に欲しい皿を選んで、レジへと流れていくのですが、
「中華料理」「韓国料理」「和食」「洋食」とカテゴリーも豊かに、
この空港を利用するマジョリティーであろう東アジア人のおなかを満たす
ことを目的とした品揃えです。

DSC_04800001
















さすがは北京首都国際机場(日本語の「機」は中国語では「机」になります)
首都のインターナショナルな空港、そのなかの、各国の味を誇るレストラン、
店員も英語はできるし、メニューの表示も英語、中国語、日本語、韓国語、
4ヶ国語併記です。

ところが、その日本語が・・・

DSC_04860004
















「栄養五穀ごはん」
なんかしっくりこない翻訳だけど、まあ、わかりますよね。
中国語の音だけ拾っていったら、なんとなく、そんな感じもするし。

DSC_04870005
















「ヂャ-ハン」
ヤとハの間の「-」は半角です。

DSC_04810001
















「キノコンタチ」
??英語を見るに、「マッシュルーム」の部分が「キノコ」、たぶん。
でもにしても「ンタチ」はなんだろう。

DSC_04850003
















「ブレツブパ牛肉」
日本語のはずなのに、大層読みにくい。
(解説=韓国語は「ブレッペッパ牛肉(ブラックペッパー牛肉)」と書いてある(多分・・・)ので、
この日本語は韓国語から訳されたものだろう、しかも音だけをそのまま)

DSC_04820002
















今回最高得点をつけたいのがこれ。
「パイナップルの(おぶた)」
酢豚なんですよ。なんだかパイナップル料理みたいです。
しかも丁寧にに「お」をつけて、控えめにカッコ内で豚肉料理であることを主張。
(解説=たぶん、「お」と「す」の形がにてるからまちがっちゃったんでしょう)

この写真を撮ったところで、店員に写真を撮るなと怒られました。
(だからといって、すでに撮ったものまで消せとは言われない)
撮ってはいけない理由は不明。

結局僕が食べたのはこれ↓
DSC_04890006
















「水餃子」(日本語表示はまともだった)、「キノコンタチ」「オレンジジュース」
合計55元(約900円)。中国にしてはわりと高価な食事です。
味はおいしかったですよ。水餃子も、アツアツでした。
キノコンタチの「キノコ」はしいたけでした。


人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)


ドイツのピクトグラム|その3-d|案内(ベルリン・テーゲル空港その他)

3
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行

またピクトです。今日はベルリンのテーゲル空港、北京首都国際空港、関西国際空港のもの。DSC_09990006

















ベルリンには今のところ3つの空港があるのですが、これは、テーゲル空港。
前回のデュッセルドルフにもあった、「見学デッキ」がありますね。
テーゲルでは男女二人で見送ってます。女性のほうはちょっと「トイレ」っぽい。
上段の右端は郵便局です。ドイツの郵便局のマークがこれなんです。
↓参考。
DSC_01350001
















その昔、郵便配達夫がラッパで郵便物の到着を家々に知らせていたことから
こういうマークになった模様。


DSC_10000007
















デュッセルドルフでも見かけた「集合場所」が上段左端にあります。
二段目左端は「インフォメーション(案内)」ですが、そういえば日本の「インフォメーション」て
「i」と「?」の2種類あるきがする。
以上テーゲル。

ここで「乗り換え」を各空港で比較してみたい。

DSC_04720005
















↑チューリッヒ空港(再掲)
二つの飛行機が同じコマの中にあれば、まあわかりますよね。

DSC_0472_00001
















↑北京首都国際空港。ちょっと説明的にすぎるか。でもまあ、「ああ、なるほど」。

DSC_05100002
















↑関西国際空港その1。2機の間の点線がポイントですね。

DSC_05120003
















↑これも関西国際空港。2機の飛行機がぐるぐる回ってる、とも見える。

これ以外にも、もちろんマイ空港の福岡でも「乗り換え」は見たはずだけど、
乗り換えた関西国際空港に忘れ物をしたどたばたで撮影を忘れてたようです。


人気blogランキング

防空壕と自転車

5
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_00210001



















ベルリンで泊まったホテル、Best Western Hotel Berlin-Mitte
隣は、防空壕でした。
この日一緒に、(酷寒の中)街歩きをしたまさとさんに教えてもらわなきゃ
このコンクリートの建物が何なのかわからないままだったと思う。

ベルリンは、ほんとに街全体が博物館のようでした。
 

ドイツのピクトグラム|その3-c|案内(デュッセルドルフ空港)

6
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_05300001
















しつこくピクトを掲載。デュッセルドルフ空港です。
「見学デッキ」の人、明るく見送ってます。湿っぽい別れとかではないのでしょう。
“Reisemarkt/Travel Market”に太陽がついてるのは、ヨーロッパでは
休みの旅行=南のビーチという図式が定着してるからと思われます。

あるときドイツ人に「中国に休暇でいったことある?」ってたずねられて
「あるよ」って答えたら「へー中国にもリゾートのビーチあるんだ」と驚かれました。
中国にもビーチはもちろんあるし、それよりも「休み=海」がそんなに当たり前
なのか、と僕が驚きました。

DSC_05340003
















“Treffpunkt/Meeting Point”。これ、大きな駅や空港には必ずあります。
しかも全国共通のデザインです。(確かスイスも同じデザインだったはず)

DSC_05350004
















単語が長すぎて切れちゃってますが、「荷物預け場所」、こういうふうに描くと
1マスで表現できるんだ、と感心。

DSC_05360005
















「お金」。②のコインが描かれてます。やはりユーロの国。
「ホテル」は、このマークということはシェラトン?

DSC_05330002
















一つだけ異質な赤のデザインがありますが、これは薬局。
“Apotheke”「アポテーケ」の頭文字です。店の看板なんかもこのデザイン。
全国共通、同じデザイン(細かい差はあるが)です。

ちなみにベルリン、ツォー駅構内の薬局。
DSC_00960002

















DSC_00950001
















Aの大文字と杯に蛇がからまってます。
ドイツの薬局の仕組みについては大日本住友製薬のこのページが詳しいです。
(蛇と杯のデザインの由来もちょこっと書いてあります)
日本の薬局とは位置づけが異なるので、興味ある方はどうぞ。


人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)

スイスのピクトグラム|その3-b|案内(チューリッヒ空港)

0
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行, 4. 写真
DSC_04550001
















チューリッヒ空港のピクトを紹介。
チューリッヒ空港はターミナルの地下に鉄道駅があるので大変便利。
電車を降りてから”Check-in”を目指して歩いていきます。
他の空港だったら”Departure”などと書いてあると思うんだけど、
これから飛行機に乗る人は「チェックインしなきゃ、どこだ」と探しているので
パッセンジャー心理をよく掴んでいるなあと感心。
また「チェックイン」を1マスの絵で表すのも苦労しただろうなあ。

DSC_04560002
















このように全てのピクトが基本デザインのもとになっているってきれい。
“Bus”はドイツ語にも英語にもなります。
ちゃんと左側通行仕様。ドアが右サイドについてます。

DSC_04580003
















“parken”(車を停める)というドイツ語があるので、あまり英語が得意でない人でも”Parking”は、多分わかると思われます。
なので、わかるだろう事はもう二重には言わない(多分)。ミニマリズム。

DSC_04590004
















“Shopping”も英語からの外来語としてドイツ語でもそのまま使うので、わざわざ、訳さない。

DSC_04720005
















“Exit Zurich”。「チューリッヒ」以外の出口があるのかは不明。
市街への出口ってことかなあ。
乗り換え、飛行機ぶつかるぞ。

人気blogランキング


ドイツのピクトグラム|その3-a|案内

0
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行
今日もドイツのピクト。第3回目。
あんまり計画も立てないで「3回シリーズ」ということにしてましたが、
今日のテーマ、「案内」のカテゴリーに入るものがあまりにも多いので、
延長します。ということで今日で終わりではないです。
(好評だから!とかではないです・・・)
DSC_0080-10001

ミュンヘン空港で。車椅子でも入れるトイレと授乳室。
べつにこれを見た時点では「ふーん」と思っただけだったんですが、
「授乳室」の別バージョンを、後に発見。

Read More »

ドイツのピクトグラム|その2|注意喚起(不幸な結末を示す)

2
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行
ドイツのピクト、第2回目は「注意喚起(不幸な結末を示す)」
 ※第1回「禁止」はこちら

「禁止」「注意喚起」「案内」と三つのカテゴリーに分けます、
と宣言したものの、今日改めてみてみると、僕が撮ったものは
「案内」が圧倒的に多く、今日の「注意喚起」は、
ほんのちょっとしかありませんでした。

DSC_09700006
















ドイツ鉄道のホーム。危ないとことろが赤の影つきになってます。
こうやって二つならべると、より面白いです。

DSC_00900005
















電車のドア、車内より。先ほどと同じ「ころぶ」ですが、こっちのほうが、
肩すくめてる感じ。

・・・とドイツで撮った中では、実は「注意喚起」は二枚でした。
前回、なんでこんなカテゴリ設定したんだろ。ということでおまけ。
日本での写真です。ある工場見学に行ったときのもの。
珍しい機械が見られるから、とカメラを持って行ったんですが、
その機械の注意書きのほうが珍しかった。

166_66920003


















↑もんのすごいぎりぎり。

166_66870001


















イタ!

166_66880002


















イタタ!

166_66930004


















アタタタ!

人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)


デュッセルドルフ、アルトシュタット|Altstadt, Duesseldorf|2008年1月3日

0
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_09210001


















ライン川沿いの、ちょっとアラビックなカフェで友人とくつろぐ。
陽が暮れきって店を出ると雨が降りはじめてました。
濡れるのと、寒いのとで、小走りで地下鉄の駅に急ぐ。

ドイツのパン|ベルリナー (Berliner)

3
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行, 食べ物/飲み物
DSC_0130-10001
















旅行中にお世話になった友人宅でいただきました。
Berliner(ベルリナー)というジャムパン。どっしりしっかり、甘くて大きなパンです。
もう両手で持ちたくなるようなサイズ。

キンキンに寒い朝に、暖かい部屋で温かい飲み物と、
それに久しぶりの再会と一緒に食べました。



人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)

ドイツのピクトグラム|その1|禁止

6
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行, 4. 写真
ドイツのピクトグラム|その1|禁止








ピクトさんの本

これを本屋で立ち読みして以来ピクトグラムが気になる。
「立ち読みしてから」というのが、何かに影響されただけのようで、
オリジナリティがないようでちょっぴり悔しいのだけど、見つけると、
面白かろうが面白くなかろうが、すぐ写真に撮りたくなっちゃいます。

正月にドイツを旅行した際は常にカメラを持っていたので、
けっこうな数のピクトを撮りました。

できる限り多くのものを見せたいので、ピクトの機能で3回に分けて御紹介。

1.禁止(やってはいけないこと+斜め線)
2.注意喚起(不幸な結末を示す)
3.案内(場所案内+そこにあるもの)

の3部構成。1.と2.は重なる部分も多いのだけど、まあだいたいで分けてみました。(各回とも、特にオチとかはないです・・・)


DSC_03370003
























↑「注意 工事現場 侵入 禁止」
ベルリンにて。口を大きく開けて「だめ!」と叫んでます。
手と体の大きさ比で遠近を表現。

DSC_0086-10002
















↑ミュンヘン空港の待合室。
空港内用の荷物カートの使い方についてです。
とにかく子供を乗せてエスカレーターを使うな、ということです。
カートの描写の仕方が妙にリアル。人間は簡略化されてるのに。

DSC_05380007
















↑同じことをデュッセルドルフ空港ではこんな風に表現。
エスカレーターの前にあった注意書き看板です。
まず背景が黄色、というのが注意らしくてよろしい。
親御さんはいないので「子供だけで遊ばせるな」ともとれますね。

DSC_05370006
















↑一つ前と同じ場所で。「過積載禁止」
そういえば「×」だけマジックで手書きしたみたいな筆跡です。

DSC_05400008
















↑同じ場所。「エスカレーターの壁を蹴るな」
左の人が、蹴ってる右の人に対して無関心を装ってるようです。
(その下は「犬はだっこ」。ヨークシャーテリア?)

DSC_09250009
















↑デュッセルドルフの地下鉄の駅。「出口ではありません」。
「こっちに来るな/進入禁止」を「とうせんぼ」で表現。

DSC_04770004
















↑乗換えでちらっと寄った北京空港。
「このドアからは入れません」だと思います。
今まさに入ろうとしてるところに斜め線。現行犯をキャッチ。

DSC_05260005
















↑デュッセルドルフ空港。「禁煙」。しかも「ビデオで監視してるからね!ギョロ」
と脅しがついてます。
これ、もしまつげがあったら、かわいくなっちゃってだめなんでしょうね。
「ビデオカメラ」の絵じゃなくて「目」にしたのは効果高いと思います。

・・・続く。次回は「注意喚起」編。

人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)

ベルリンの夜景|Warschauer Str.駅近くで

2
Filed under 1. 日記, 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_01690001


















ベルリン、Warschauer Str. 駅近くの跨線橋より。2008年1月4日午後5時31分撮影。
酷寒のなか、欄干にカメラを置いて撮りました。
ドイツで夜景の写真を撮るとは思ってなかったです。やはりベルリンは都会。
と同時に”典型的なドイツ”ではないなあ。

ドイツ語の長い単語|ウーバーリンゲンの遊覧船のりば

2
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行, ドイツ語
DSC_03200001

ドイツ語って長い単語が多いです。その良い例を発見。
ボーデン湖畔の避暑地、Ueberlingen(ウーバーリンゲン)にて。

SCHIFFAUSFLUGSFAHTEN
(シフアウスフルークスファーテン)

こんなに長い単語も(長い単語ほど)合成語なので、分解できます。

SCHIFF=船
AUSFLUG=ハイキング、遠足
FAHT=航行、走行、飛行

→「遊覧観光船」

こんな感じで名詞+名詞はいくらでも続けられます。

Read More »

チューリッヒ空港、E62ゲート|各方面をたてる。

4
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行, 4. 写真
DSC_04940001
















「逃げろー!!」
「どっちに??」

********************************
チューリッヒ空港、E62番ゲートにて。飛行機に乗る直前に見つけた避難誘導灯。
丁寧に、どの方向から見てもわかるようにと、よかれと思った(であろう)結果。
迷います。まずしゃがむ?

人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)

ドイツ語手書き文字

2
Filed under 2007年12月 ドイツ旅行, ドイツ語
DSC_05600001手書き文字を載せてみます。デュッセルドルフの住宅街にて。

Tuv im Hause /TUVこの建物内
Wintercheck /ウィンターチェック
Kostenlos /無料
Oel Wechsel /オイル交換
ab 17,- €  15W40 /15ユーロより 15W40
Reifenwechsel /タイヤ交換
18,- € /18ユーロ
(ウムラウトは省略してタイプしてます)









***********************************
※TUVというのは”Technischer Uberwachungs-Verein” の頭文字をとったもので、
 技術検査協会という意味です。日本でいうと一番JAFが近いです。
 (僕も日本の運転免許かからドイツの運転免許への切り替えはTUVでやってもらった)
 (そいうえばなんで役所とか警察じゃなかったんだろう?)

※”L”を小文字でも縦棒一本ではなく、「リットル」風だったり大文字風だったり
 するのはよく見ました。
※数字の1と7、ほぼみんなこんな風に書きます。
※「タイヤ交換」の「タイ・・・」くらいでペン、つかなかくなっちゃったんでしょうね。


人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)

『善き人のためのソナタ』のラストシーンの本屋|Karl Marx Buchhandlung

3
Filed under 1. 日記, 2007年12月 ドイツ旅行

DSC_01520001

















ベルリンでは『善き人のためのソナタ』という映画のラストシーンに出てくる本屋に行って見ました。
Karl-Marx Allee(カールマルクス通り)にある
Karl Marx Buchhandlung (カールマルクス書店)というお店です。
この映画は2回見た(広島で1回、自宅でDVDで1回)のですが、見るたびに行ってみたいと思ってた本屋です。

到着したのはもう暗くなってから(17時くらい?)だったので
店構えの写真は撮れなかったんだけども、せめて店の内部を。
店の外からウィンドウ越しに写す。

高いアーチ天井に木目の棚がそびえる静かな、時間の止まったような場所でした。
入ってすぐのコーナーには辞書、教科書などが並び、奥には古書の小部屋も。
ものすごくもの珍しい本屋というわけではないけど、多分映画を見たせいと、
店内の雰囲気にわくわくでした。

店の外観はこちらを。
ベルリンでいろいろと案内してもらったまさとくんのblogです。


人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)


ドイツのカフェでケーキ|フォークの出し方

5
Filed under 1. 日記, 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_06050002

















デュッセルドルフの WOYTONというカフェにて。
3年くらいドイツに行ってなかったので忘れてたけど、「ああドイツではそうだった!」と思い出したこと。

カフェでケーキを頼んだら、こうやってフォークが刺さって出てくるんです。
僕が刺したんじゃなくて、ウェイトレスが置いたままの姿です。

WOYTON店内↓
DSC_06070001

















WOYTONが特別、というわけではなく、ベルリンでも↓
DSC_01220001
















ザッハートルテには刺さってきました。
フォークが立ててあるか寝かせてあるかは店によるみたいですが、
とにかく「さあ食べなさい」という気持ちがこもってるようです。

ちなみに、このカフェの店内、外観の様子↓
DSC_01260001

















DSC_01280002

















ものすごく寒い日だったので、避難する思いで入ったお店でした。


人気blogランキング

彫刻家 藤堂良門 (TODO Ramon)|アトリエ訪問記

6
Filed under 1. 日記, 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_02840001

2008年1月3日、デュッセルドルフ在住の彫刻家、藤堂良門さんを訪問してきました。
僕がデュッセルドルフに行くたびにお会いして、一緒にビールを飲みに行くんですが、今回はアトリエを見学させてもらいました。

Read More »

飛行機からみた万里の長城

3
Filed under 1. 日記, 2007年12月 ドイツ旅行
DSC_04600001

















北京から関西空港までの飛行機では珍しい機長の操縦する飛行機に乗れて
ラッキーでしたが、ミュンヘンから北京までの飛行機でも、幸運なことが。
万里の長城を窓から見ることができました。

乾燥してそうな地域だなあと思いつつ写真とってたら、あれ、もしかして?
白く長いものが尾根を走ってました。誰かに尋ねて確認したわけじゃないけど、
これはきっと万里の長城に違いない。

DSC_04610002


















DSC_06770001



















↑2007年8月に訪れた慕田峪の万里の長城。何百メートルおきかにある
詰所跡から撮ったもの。



人気blogランキング