「暑い」が違う|ドイツの天気予報

Filed under ドイツのニュースより
das_wetter_ARDmini

ドイツの放送局ARDの天気予報。
動画を一時停止してキャプチャーしたので画面真ん中に再生マークが入ってます。
(動画じゃないので押しても再生されないよ!)

ついさっき見た放送です。明日(6月30日)の天気予報の最後の部分、
明日の最高気温を伝えるシーンです。
色を見るかぎり、全国的に赤、茶色、もしくはサーモンピンク。夏真っ盛り。
もんのすごく暑そうですが、実は最も気温の高いところでもフランクフルトの31度。
右肩隅のロストックなんか22度なのに赤いです。
もう乾燥して焦げるんじゃないかっていう色使いですが、、、ねえ。

これで、「暑い」っていいなあ。しかもヨーロッパだから湿度、ものすごく低いはず。。

4 Comments

  1. linguist_2005 より:
    こういう突っ込みいいですね。ドイツらしくていいです。ちなみに、フランスならもう少し日本に感覚が近かったような気がします。
  2. Ken より:
    linguistさん、
    やはり地中海まで繋がっている国だから、でしょうかねえ。。ガツンとした夏があるから??
    ところで今思い出したこと:
    大学のとき英文学の先生が
    「シェイクスピアの作品で『夏の夜の夢』てありますけど、あれ、日本の夏みたいなん想像したらあきませんよ、イギリスなんですから」
    とおっしゃってたのを思いだしました。
  3. colorfullife より:
    日本に住んでいる方には、大変申し訳ないですが、この気温でも、ドイツに住んでいる人間には、充分「暑い」と感じています。ドイツでの、このくらいの温度が、日本における夏日にあたるのではないでしょうかね。気温が30度を超えた日には、何もする気が起こりません。
    ということで、ドイツ生活が長くなってくるにつれて、日本に戻って生活をするようになったときに、夏が無事に過ごせるかどうか、不安になってきています。
    ちなみに、私の住んでいるところでは、昨日今日と久々に天気が良かったのですが、からっとはしてなく、蒸し暑かったです。ここ1ヶ月以上、ほぼ毎日雨が降っているので、湿度がかなり高くなっているのでしょう。
  4. Ken より:
    colorfullifeさん、
    もうドイツを離れて4年になるので、その感覚は
    なくなっちゃいましたねー。
    でも僕も「なにもする気が起きない」て言ってたかもなあ。

Post a Comment

Your email is never published nor shared.