ヒョウ柄

2005/04/22 // Posted in 思ったこと  


 

1994年から2000年まで僕は関西に住んでました。

当時から「大阪女=ヒョウ柄」、もしくは「=派手」という論調(?)はありました。

 

この調査の画期的なところは、ヒョウ柄着用率だけではなく

「使用面積」に着目しているところだと思います。

 

もちろん着用しない人もいるわけですが、

着用する人は思いっきりがいい、

という個人的印象。(ヒョウ柄に限らず、なんでも目立つものは)

 

 

 

This entry was posted on 2005/04/22 at 02:48 and is filed under 思ったこと. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Comments (1)

  • 」と名付けられましたギリシャ文字にも筆記体があります。
    しかし、今日ではギリシャ語の構成文字としての利用時を含めブロック体で書かれることが大半であり、筆記体が用いられることはあまりありません。
    世界から鎖国し、原始的な社会でオメガトライブを形成した日本の新人類のみが生き残った。
    引きこもりだった男がある事件をきっかけに覚醒し、人類を次世代に進化させるために、世界の頂点へとのし上がっていく話。
    1932年ロサンゼルスオリンピックにて、世界で始めてブランド企業が全計時を委託されるという偉業を成し遂げ、1952年ヘルシンキオリンピックでは史上初の電子計測機器『オメガ・タイム・レコーダー』を開発し、 『精密時計のオメガ』という名声を確立しました。
    ちょっとした数式には必ずと言ってよいほど含まれているギリシャ文字を通し、文化レベルで浸透しているギリシャを感じてみるのも面白いでしょう。
    同じくギリシャ文字も私たちの生活に深く関わっています。
    最後に、「ω」を含めたギリシア文字を順番にご紹介します。
    確かに、自然との調和が最適解であるという「非最適解の最適解性」は納得いきます。
    部屋にいる女性から6ごうしつのカギをもらう。
    部屋に落ちているボールを調べてそうこのカギを入手。
    6号室の扉を開けて中に入り、部屋の右奥の出口から船の外に出る。
    通路に戻り、2号室の扉を開けて中に入る。
    船内の東側の通路に戻り、4号室の扉を開けて中に入る。
    晴は、家族を作り、一族を作り、部族を作るという壮大な新人類拡張のストーリーをWILLに啓示されます。
    これだと、オルタナティブ経済の進んだ原始社会が素晴らしいというような主張に見えてしまうのですが…。
     ぜひこの機会にご購乳いただけますと幸いです。
    再び水中に潜り西側の通路まで戻る。
    難破した船のデッキに上がり、入口から船内に入る。
    もちろん店内には、2つの限定モデルも登場している。
    ポケモンオメガルビー・アルファサファイア (ORAS) で登場するシーキンセツのマップデータ。
    1号室の扉を開けて中に入り、奥のガラスの棚を調べて2ごうしつのカギを入手。
    また1962年に、アメリカの飛行機が沈没した際、救出に向かったダイバーが「深海45mまで潜り、何か持ち帰れるものはないか探して見つかったのは、シーマスターだけだった。
    オメガの買取は古いモデル(アンティーク)よりも現行モデルの方が高く売れる傾向があります。

Leave a Reply (name & email required)